屋根塗装見積術 テクニック

屋根塗装や外壁塗装の見積を取る際に高額費用を請求する悪徳詐欺業者に騙されることなく
屋根塗装の費用を安く抑えるための見積術とテクニックを紹介しています

屋根塗装の見積り術安くする

「屋根塗装見積術 テクニック」とは

私の友人は「外壁塗装」と「屋根塗装」の現場で働く職人です。

その友人から、屋根塗装を業者に依頼するときの注意点やポイントなどを教わりましたので、それを踏まえて記事をまとめました。(実際に私も利用して感じたことも)

屋根塗装の見積り術安くするとは、『優良業者からのみ、屋根塗装の見積りを取って比較する』ことです。

屋根塗装料金の最安値を確認することができるということで、もっと言うなら『信頼できるリフォーム会社の中においての最安値』なのです。

「そんなことは知ってるよ!」って言われそうですが、実際には「騙されている人や、誤魔化されている人が多い」これも事実です。

数十万円から百万円以上のお金を払って依頼する「屋根塗装工事」。ここに頼んで良かったと満足できる業者選びが一番大切です。

すでに「優良業者の複数のリフォーム会社から見積りを取って比較する」ことについて、多少の予備知識はある。でも、ちゃんと保証がしっかりしている業者を紹介してほしい、そんなあなたにはリショップナビがおすすめです。

複数の屋根塗装業者を紹介してくれるサービスはいくつもありますが「安心リフォーム保証制度」という独自の保証体制があるところは少ないからです。

『安心リフォーム保証制度』の詳細はこちら
   ↓


「屋根塗装見積術 テクニック」について話を戻します。

屋根塗装会社の良し悪しを決めるポイントは、人によって異なるかもしれません。職人の経験や技術と料金のバランスが、あなたが理想とするものとちゃんとマッチしているのかを確認することが大切だと思います。

屋根塗装業界においてはユーザーに不安を植え付けて、否応なく契約を締結させる粗悪な業者とのトラブルが多くなっています。そのようなトラブルに遭わないためにも、屋根塗装に伴う知識武装をすることが大事です。

ここで大切なことは、屋根塗装に関する勉強をして欲しいということではありません。悪徳業者に騙されることなく、あなたの希望をかなえてくれる屋根塗装業者を探すためのポイントを知っておく必要があるということです。

複数の業者から見積りをとるサービスを利用するにあたって、いくつか注意点をまとめました。屋根塗装の業者を選ぶ際に、複数の屋根塗装会社から見積りを取ったほうがいいことはお分かりかと思います。リフォーム業者、屋根塗装業者によってその価格と質に差があるからです。

「屋根塗装の見積り術安くする」とは、悪徳業者を除く『優良業者』のみの中から屋根塗装の見積もりを出してもらい比較検討する方法です。

あなたの希望に見合うだけの仕事をしてくれる、屋根塗装業者を紹介してもらうことです。

外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】


屋根塗装業者を紹介してもらい、選ぶ際は以下の点に注意しましょう。

  1. 優良業者であること
  2. 高すぎてもいけない。でも、安すぎても疑うこと
  3. 営業電話はかかってこなくて当たり前
  4. 見積り書の内容や項目が明確であること

上記4つの項目を抑えることで失敗しない屋根塗装の業者選び、満足のいく屋根塗装・屋根リフォームができると思います。
 

①優良業者であること

「優良業者」とは?会社設立年数、従業員数、過去の施工実績、保証内容などいくつかの基準を満たした企業のことです。

後ほど紹介する「外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス」では、これらの基準に合格した企業・業者のみ紹介しています。

自分で屋根塗装業者を探して、見積もり依頼をする。でもその業者が、ちゃんとした会社なのか?これをあなた自身で調べることは時間もかかりますし、それなりの知識も必要です。

「外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス」を利用することで、『優良業者』のなかから、あなたの希望に合った屋根塗装業者を紹介してくれます。

公式サイトはこちら≫≫外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】
 

②高すぎてもいけない。でも、安すぎても疑うこと

例えば、A社で90万円、B社で100万円、C社で120万円、D社で200万円の見積もりが出た場合、200万円の見積もりを提示してきたD社は屋根塗装をお願いする業者から外すと思います。

しかし、A社で90万円、B社で100万円、C社で120万円、D社で40万円の見積もりが出た場合、安すぎるD社は疑う必要があります。

何事にも「相場」というものがあり、その相場からかけ離れている見積り金額は疑うべきです。安く請け負って手抜き工事をする悪徳業者の可能性があるので、後々トラブルの原因になる可能性があります。
 

③営業電話はかかってこなくて当たり前

「外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス」では、窓口を1本化し専任のアドバイザーが対応してくれます。

「引越し見積もり業者比較サービス」や「車の買取比較サービス」のように、各業者が直接あなたに電話をかけてきたなんて経験はありませんか?

「外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス」では『あなたと専任のアドバイザー』1対1のやり取りで完結しますので、初期の相談や検討段階としては利用しやすいサービスだと思います。
 

④見積り書の内容や項目が明確であること

屋根塗装のトラブルで多いのは、屋根塗装工事完了後3年~5年で塗装が剥がれたとか、見積り書に記載の塗料とは違う別のもの(質が悪い塗料)を使ったり、必要以上に塗料を薄めて塗装したなどの内容が目立ちます。

また、「廃棄物処分料」とか「清掃費用」などの項目が見積り書に記載されていることがあります。この項目が問題なのではなく、この項目に記載されている金額が屋根塗装業者によって差があります。

数万円の違いも、項目が多くなると数十万円の見積り金額の差額になるので、注意が必要です。


これらの条件を満たす「屋根塗装の優良業者紹介サービス」とは

  1. 優良業者「のみ」紹介
  2. 高すぎない、安すぎない。でも優良業者の中から一番安いところがわかる
  3. 業者からの直接の営業電話は無い
  4. 見積りや屋根塗装にかかる費用の項目が明確

「外壁塗装の優良業者紹介サービス」では、これらの条件を満たしていますので、初めて屋根塗装の見積りを比較するあなたにも、安心して相談できる屋根塗装一括見積りサービスです。
 

公式サイトはこちら≫≫外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】


また、「屋根塗装の優良業者紹介サービス」では、入力項目が少なく『45秒』程度で見積りの申し込みが完了します。

もうひとつオススメの点は、様々なニーズの相談に乗ってくれることです

  • 屋根塗装の相場を知りたい
  • 地元の優良業者を紹介してほしい
  • 複数の業者から相見積りを取りたい
  • すでに他社で見積りを取ったが比較したい
  • 今すぐ屋根塗装工事を依頼したい
  • すでに工事が始まっているが・・・トラブルがあって相談したい

上記のような相談に応えてくれるサービスです。
 

「屋根塗装の優良業者紹介サービス」公式サイト

申し込みはこちら≫≫外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】

 

屋根工事安くする術 見積り

リノベーションをしたお陰で、新築を購入することを考えれば低価格で我が家を入手することができる他、将来的な資産価値の目減りを最低限に食い止めるというメリットも得られます。リフォーム費用は、実際に工事をする内容により大幅に異なってくるわけですが、だいたいの工事の相場を明確にしておけば、そこまで損をすることはないと思います。

フローリングのリフォームと申しましても、「貼り替え」と「重ね張り」と呼ばれている2種類の方法があるのです。工事に費やす時間が異なりますので、当然「重ね張り」よりも「貼り替え」の方が、費用は高額になります。リフォーム会社選びをする場合の大事なポイントとして、投稿だの評判は当然の事、「とにかく複数のリフォーム会社より見積もりを作って貰って比べてみる」ということが大事だと言えるでしょう。

「掃除の効果がなくなってきた」、「お湯の溜まるスピードが遅くなった」など、浴室リフォームをすると腹を決めた理由は様々あります。かつ、個々人の浴室リフォームに対する希望もいろいろです。トイレリフォーム代金、やはり心配でしょうが、よく言われているざっくりとした金額は、60万円から70万円だと教えてもらいました。ただし、想定していないトラブルが発生して、この金額では対処できなくなることもよくあるとのことです。

マンションのリフォームを決断した理由を尋ねてみますと、多かったのが「設備の劣化&機能性の向上」で、過半数以上の人達がその理由として挙げていました。リフォームとの間に、明確な定義の違いはないと言えますが、自分の家に新たなる付加価値を与えられるように、設備の最新型への変更や間取り変更工事などを実施することをリノベーションと称することが多いです。屋根塗装をすると、雨風であるとか強烈な陽射しからあなたの住まいを防護することができますから、いつの間にか冷暖房費を節約できるといったメリットも生まれるのです。リフォーム会社を調査してみると、リフォームを終えた後に気付いた不具合を完全無償で修復するといった保証期間を前面に打ち出している会社もありますので、会社を決める前に、保証制度の設定があるのかどうかとか、その保証範囲をチェックしておくべきだと思います。リフォーム会社をジャッジする時の着目点は、人により全然違うはずです。職人の技量と価格のバランスが、個人個人が希望するものと合っているのかいないのかを判定することが肝心ではないでしょうか?当然ではありますが、耐震補強工事は知識・経験共に豊富な企業が実施しませんと、意味をなさないものになります。

その他、工事をする住居の状況や土地の状態次第では、補強する部位であったり工法などが違ってくるものです。現在注目されているリノベーションとは、何年も前に購入した住宅に対して、その機能を高める為に改修を行なうなど、そのお家での暮らし全体をより良くするために、各種の改修を敢行することを言うわけです。このインターネットサイトでは、対応力に定評があるリフォーム会社を、エリア別にご覧いただけます。

あなたが期待している通りの結果を求めるのなら、「信頼感のある会社」に依頼することが大切です。「外壁塗装工事みたいに、いい加減にやってもわからないものは見受けられない」と言われているくらいで、劣悪業者が相当いるのです。それ故、信用できる業者を選ぶことが何よりも大切になります。